ANRI

ANRI(Anri Sakaguti)06:omanko


坂口杏里(ANRI)衝撃のAVデビュー、What a day!なんて日だ!
坂口杏里
坂口杏里

こんにちワ。o(^-^)o

今月の1日にセクシー女優としてデビューした坂口杏里(ANRI)ちゃんの画像とかをパクリング?してみました。
前回リンクマーク、ピンクの続きです。

なお、下のお相手の男優さんは「しみけん」という有名な方なんだそうです。
ANRI,坂口杏里
ANRI,坂口杏里

ところで、気になったのはANRIちゃんの下の毛であります。
ANRI,坂口杏里

AV女優さんて下のようにomankoの毛を脱毛あるいは剃ってパイパンにしてる方って多い気がします。
ANRI,坂口杏里

あてくちめ、以前は、どちらかというとパイパンのほうが好きだったんですが、ANRIちゃんのを見て「毛があるのもいいなぁ~~」って思ったです^^;
ANRI,坂口杏里

ま、なかには「ケツが汚い」って言ってる方もいるみたいですが、ボクはANRIちゃんに限ってはケツ毛大歓迎です^^;
ANRI,坂口杏里

ところでSEXって相手が感じてくれないと自分自身も楽しくなれないと思うんですが、ANRIちゃんは充分に感じちゃってる様子!!
小さく聞こえてくる「ヤバイ!」って声に、わてくちめのチンはキュンキュンしました^^;

で、まったく話は変わっちゃうんですが、ANRIちゃんは25歳。こんな記事が気になったであります↓

「25歳からは女の子じゃない」のCMには驚いた。今時、そのようなキャッチを使う感覚が、まだ許容される、と考えている方々は、ずれてしまっている。CM自体の映像や演出は上手なのに、ほんとうにもったいないと思う。

女性が、ある年齢までは「カワイイ」とか「ちやほやされる」という事象は、世間で確かに時々見聞きする(そのような傾向は減ってきていると思うけれど)、しかし、たとえそのような事象があったとしても、なぜ「25歳」なのか、という反省が見られない。

世間では、たしかに、「24歳はクリスマス・イブ」「25歳はクリスマス」みたいなメタファーで、女性の年齢を語る方々がいる。しかし、それは何の根拠もないいわば「カンチガイ」であって、生物学的に25歳に特別な意味があるわけではない。

思うに、今回の「残念」は、コマーシャルを企画、制作する方々の中に、「女の子は24歳まで」などという、カンチガイの文化(それは、今や世界的に見れば絶滅危惧種のような、ローカルな奇習だと思うが)があって、それが世間ではどう見えるか、というメタ認知が働かなかったことだろう。

実際には、若い女の子だからといって学校や職場で特別扱いされるわけではないし、みんな平等の条件で一生懸命学び、働いている。「おっ、君は若いね。24歳以下か」とかわいがってくれるおじさんはもはや「イタイ」存在でしかないだろう。

また、もし、「女の子」というものを、相手がいろいろ気づかいしてくれるとか、親切にしてくれる、という意味で使うのならば、何歳になっても、関係性や状況によって「女の子」になっていい。50歳でも、70歳でも、「女の子」になる瞬間があっていい。当然のことだと思う。

「女の子」という言葉を、もし、甘く見てもらっている、という意味で使っているのだとしたら、本当に自分たちに甘いのは、今回のCMをつくった方々だろう。それで行けると思ったんだったら、今の世界からずれまくっている。ぜひ、早く「男の子」から「男性」になってほしい(もし男性とするならば)。

「女の子は24歳まで」などというのは正に勘違い。ANRIちゃんは特にですけど、これからが本番の人生であり、そのスタートを切ったんだと思います。

ANRI,坂口杏里ANRI,坂口杏里,omankoANRI,坂口杏里,omanko

ではでは、、落ちマッスル★o(・д´・+)9”

※追記:2016-10-09
・ANRIちゃんと同じAVの「かなめ」ちゃんも可愛いです。ANRIちゃんもTwitterでフォローしてるみたいなので是非フォローしちゃいましょう!!

鳳かなめ


投稿者:

awantan

awantan

そんな、恥ずかしいこと言えません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です